リップル(XRP)のWEBブラウザ「プーマ・ブラウザ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ・サンフランシスコの企業「Puma Technologies」が、仮想通貨リップル(XRP)を活用したWEBブラウザ「プーマ・ブラウザ(Puma Browser)」を開発したことが明らかになりました。

プーマ・ブラウザはインターネットユーザーの目に入る「広告」を排除し、快適性とプライバシーを追求したWEBブラウザです。

ここでは、リップルのWEBブラウザについてみていきます。

リップルのWEBブラウザ

アメリカ・サンフランシスコの企業「Puma Technologies」が、仮想通貨リップル(XRP)を活用したWEBブラウザ「プーマ・ブラウザ(Puma Browser)」を開発したことが分かりました。

リップル(Ripple/XRP)に関連する技術は近年様々な分野で積極的に活用され始めています。アメリカ・サンフランシスコを拠点とする「プーマ・ブラウザ(Puma Browser)」は、Ripple社の技術や仮想通貨XRPを活用した”プライバシー重視のウェブブラウザを開発しました。

プーマ・ブラウザ(Puma Browser)はインターネットユーザーの目に入る「広告」を排除し、快適性とプライバシーを追求したWEBブラウザです。広告がなくなるとサイト運営者の収益源がなくなる弊害をカバーするため、XRPを使い、「寄付」や「支払い」にて収益化を図れるようになっています。

Puma Browser(プーマ・ブラウザ)とは

プーマ・ブラウザ(Puma Browser)とは、 アメリカ ・サンフランシスコを拠点とする「Puma Technologies(プーマ・テクノロジーズ)」という会社によって開発されたプライバシーを重視したブラウザになります。

このブラウザは、ユーザーのプライバシーを保護するだけでなく、ウェブサイト上に表示される広告を排除することによって、より使いやすい高速なネット環境を提供できます。

広告を排除するということは、ユーザーにとって有益な情報を見やすいというメリットがありますが、Webコンテンツ制作者の収入源が失われることにもなります。しかしプーマ・ブラウザ(Puma Browser)では、Ripple社の「インターレジャープロトコル(InterLeger Protocol/ILP)」と呼ばれる技術や仮想通貨XRPによる収益化を図ることができるサービスである「Coil(コイル)」を統合することによって、これらの問題に対処しようとしています。

インターレジャープロトコル(InterLedger Protocol/ILP)は、世界中の異なる価値を持つ通貨などを統合し、高速で移動できるようにするためのシステムになります。異なる仮想通貨同士であっても「ILP」を介すことによってスムーズな送金を行うことが可能になります。

また、Coil(コイル)は、元々Ripple社で幹部を務めていたStefan Thomas(ステファン・トーマス)氏によって構築されたプラットフォームであり、Webコンテンツを作成する人々がより効率的にコンテンツを収益化できるようにすることを目的としています。

YouTubeチャンネルやWebサイトを運営している人々にとって、広告ではなくコンテンツ制作者としてこれまでとは違った収益化を図ることができるように考えているようです。

「XRP」に特化した新たなWebプラットフォーム

プーマ・ブラウザ(Puma Browser)は「Coil」と「Interledger」の両方をリンクさせることによって、ブラウザ利用者間での支払いを促進するためのプライバシーを重視した広告なしのWebプラットフォームを提供していきます。

コンテンツ制作者に対して”仮想通貨による寄付”を行うことができるサービスはすでにありますが、プーマ・ブラウザ(Puma Browser)は「XRP」に特化したサービスとなり、ユーザーのプライバシーに配慮したプーマ・ブラウザ(Puma Browser)に「Coil」と「Interledger」の2つのシステムを統合しようとしています。

広告が多いWEBサイトを見るとうんざりしてしまう人は少なくないと思いますが、このような「Pumaブラウザ」ができることによって価値のある情報を得ることができるWEBサイトが増えると思いますし、仮想通貨の実用化をさらに加速させることができる可能性があります。

まとめ

アメリカ・サンフランシスコの企業「Puma Technologies」が、仮想通貨リップル(XRP)を活用したWEBブラウザ「プーマ・ブラウザ(Puma Browser)」を開発したことが分かりました。このブラウザは、ユーザーのプライバシーを保護するだけでなく、ウェブサイト上に表示される広告を排除することによって、より使いやすい高速なネット環境を提供できます。

一般的に広告を排除するということは、ユーザーにとって有益な情報を見やすいというメリットがありますが、Webコンテンツ制作者の収入源が失われることにもなります。しかしプーマ・ブラウザ(Puma Browser)では、Ripple社の「インターレジャープロトコル(InterLeger Protocol/ILP)」と呼ばれる技術や仮想通貨XRPによる収益化を図ることができるサービスである「Coil(コイル)」を統合することによって、これらの問題に対処しようとしています。

広告が多いWEBサイトを見るとうんざりしてしまいますが、このような「Pumaブラウザ」ができることによって価値のある情報を得ることができるWEBサイトが増え、仮想通貨の実用化をさらに加速させることができる可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*