サムスンGalaxy S10に仮想通貨ウォレットの搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国大手サムスンの新型スマートフォンGalaxy S10に独自の仮想通貨コールドウォレット機能「Galaxy Keystore」が搭載されることが、発表会に先駆けAP通信を通じて発表されました。サムスンは出荷台数世界一位の携帯会社でもあり、業界へのインパクトも大きいことが予想されます。

ここでは、サムスンGalaxy S10に仮想通貨ウォレットの搭載することについてやその影響について見ていきます。

サムスンGalaxy S10に仮想通貨ウォレットの搭載

世界で一位のスマホシェアを誇る韓国サムスン電子が独自のスマートフォンに仮想通貨ウォレットを搭載するのではないかという噂が昨年から飛び交っていました。これについて世界的な通信網を持つアメリカ合衆国の大手通信社AP通信が20日、ビットコインやイーサリアムをサムスンの新型スマートフォンで管理できることを報じ、これまで噂段階であったGalaxy最新モデルへの仮想通貨ウォレットの搭載が実際に行われることがわかりました。

仮想通貨コールドウォレット「Galaxy Keystore」 にビットコインなどを搭載

サムソン社の新型スマートフォンのGalaxy S10に搭載される仮想通貨コールドウォレット「Galaxy Keystore」 は、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨銘柄をサポートする予定です。またブロックチェーン機能やウォレット機能、そしてdAppsサービスの対応も見込んでいます。

韓国大手のサムスン電子は米時間20日に西海岸サンフランシスコで開催される「Galaxy UNPACKED 2019」で新型のGalaxy S10を発表する予定で、「Galaxy Keystore」を提供する旨が公式発表に先駆けて情報を公開しました。既に仮想通貨ウォレットなどに対応しているスマートフォンは、ブロックチェーン技術を搭載したHTCの「Exodus」や、Sirin Labsの「Finney」などがありますが、大手携帯会社に搭載される事例は、今回が初となります。

昨年の12月にはGalaxy S10の仮想通貨ウォレット搭載は「噂」と否定

昨年12月に、サムスンコミュニティのニュース共有サイトSamMobileは、サムスンによる今回の商標登録出願をGalaxy S10スマートフォンで仮想通貨コールドウォレットを提供する計画の一部と報じました。

しかし、サムスンはコインテレグラフに対して、SamMobileのニュースを即座に否定し、
「残念ながら、コールドウォレット提供の件は噂や憶測に過ぎず、何も提供できる情報はない」としていました。

仮想通貨ウォレットの搭載への影響

今回大手サムスン電子の新型携帯製品が初期から仮想通貨に対応することは、仮想通貨決済分野だけでなく、仮想通貨に対するさらなる認知度向上と今後の利用者拡大への貢献で、市場への影響も期待できる重要ニュースとなると考えられます。

まとめ

韓国大手サムスンの新型スマートフォンGalaxy S10に独自の仮想通貨コールドウォレット機能「Galaxy Keystore」が搭載されることが、発表会に先駆けAP通信を通じて発表されました。サムスンは出荷台数世界一位の携帯会社でもあり、業界へのインパクトも大きいことが予想されます。

サムソン社の新型スマートフォンのGalaxy S10に搭載される仮想通貨コールドウォレット「Galaxy Keystore」 は、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨銘柄をサポートする予定です。またブロックチェーン機能やウォレット機能、そしてdAppsサービスの対応も見込まれています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*