フランスで生命保険業界が仮想通貨に参入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フランスの保険会社、仮想通貨への投資が可能になります。これは、フランス政府が新法案を可決したことで、生命保険会社は仮想通貨の関連投資商品の提供が可能になるからです。大きな機関による仮想通貨へのマネーの流入に期待ができるのではないかと見られています。

ここでは、フランスで生命保険業界が仮想通貨に参入するというニュースと、フランスでの仮想通貨の動きについてみていきます。

フランスの生命保険会社で仮想通貨投資が可能に

フランスの生命保険会社が仮想通貨への投資を無制限に可能とする法案が可決されたからです。これにより生命保険会社は、専門ファンドを介して仮想通貨に投資したり、仮想通貨関連の生命保険商品の提供したりできるようになります。

フランス生命保険業界は市場規模200兆円を超えるため、価格へのインパクトも期待されます

フランスの新たな法案とその影響

フランスにおいてできた保険会社が仮想通貨への投資が可能になる新たな法案では、国内生命保険会社が仮想通貨及びデジタルトークンへの投資を無制限に行うことが可能になります。

新法案は「Plan d’action pour la croissance et la transformation des entreprises」と呼ばれるもので、法案の二つの条項によって、生命保険会社は専門の投資ファンドを通じて仮想通貨への投資が可能となり、生命保険商品の提供を行えるようになります。フランス国内の生命保険の市場規模は200兆円を超えていることから、保険業の機関投資家が仮想通貨市場に与える影響は大きなものになると見られています。

また、この法案が通ったことにより、保険会社だけでなく、より幅広い機関投資家から仮想通貨への投資が法的に認められる可能性が高くなるのではないかと見られています。フランスでは欧州において仮想通貨の規制や法整備が進んでおり、これをきっかけとして機関投資家による仮想通貨への資金流入が今後大幅に拡大していくと考えられます。

フランスにおける仮想通貨事情

高い匿名性の仮想通貨の利用は否定的?

1月下旬にフランス国民議会の財政委員会は、仮想通貨・ブロックチェーン技術に関するレポートを提出し、その序文において委員長であるÉric Woerth氏が、高い匿名性の供給を目的とした仮想通貨の利用禁止を提案しています。

「詐欺や脱税、資金洗浄、エネルギー消費などの点で、仮想通貨には懸念を抱いている」と述べて、アイデンティティを完全に匿名にしてしまうデザインを兼ね備えた仮想通貨のトレード、普及を禁止化することを提案する考えを示しました。この発言だけでは、匿名通貨の利用が禁止されるかどうかまではわかりませんが、フランス国内において匿名通貨が利用禁止となる可能性があるのではないかと見られていました。

タバコ購入では普及する?

仮想通貨スタートアップのDigycodeは、パリに本拠を置く世界的大手電子決済端末メーカーIngenico社と共同でユーロで購入できる仮想通貨クーポンの販売を展開しています。そのため、およそ1万に及ぶタバコ屋店舗で、クーポンの購入が可能となっており、このシステム導入により仮想通貨が決済システムとして普及する可能性があるのではないかと言われています。

まとめ

フランスの保険会社、仮想通貨への投資が可能になります。これは、フランス政府が新法案を可決したことで、生命保険会社は仮想通貨の関連投資商品の提供が可能になるからです。

新法案は「Plan d’action pour la croissance et la transformation des entreprises」と呼ばれるもので、法案の二つの条項によって、生命保険会社は専門の投資ファンドを通じて仮想通貨への投資が可能となり、生命保険商品の提供を行えるようになります。フランス国内の生命保険の市場規模は200兆円を超えていることから、保険業の機関投資家が仮想通貨市場に与える影響は大きなものになると見られています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*