MyEtherWalletが本人確認手続きなしで仮想通貨を法定通貨に交換できることが可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MEW(MyEtherWallet)がKYC(顧客確認)を必要とせずに、仮想通貨から法定通貨へと換金できるようになることが公表されました。

どのような利用方法ができるのかについて見ていきたいと思います。

MEWがKYC(顧客確認)を必要とせずに仮想通貨から法定通貨へ換金

MyEtherWallet上で、KYC(顧客確認)を必要とせずに、仮想通貨から法定通貨へと換金できる方法が公表されました。この機能は、MEW V5(MyEtherWallet)のユーザーのみが、Bityを通して利用できる機能になるようです。

対象通貨はビットコインとイーサリアム

対象となる仮想通貨はビットコインとイーサリアムの二種類で、ユーロもしくはスイスフランに換金が可能になります。換金の最大金額は5,000スイスフラン(約55万円)となっています。

スイスに拠点を置くBity社は、スイス国内を中心に仮想通貨関連サービスを展開しており、同国の5都市で仮想通貨用ATMを設置しています。Bity社はスイスのアンチマネーロンダリング法(AML)に準拠しており、ウォレットの所有権の確認が可能となる技術を保有していることからKYCを必要せず、仮想通貨から法定通貨へ換金することを可能としているとのことです。

KYCはなくても本人確認はできる

KYC手続きを行わないとされていますが、MEWやBityは法定通貨への交換を行う手続きの中で、顧客の身元を確認できる形となっているため、顧客がマネーロンダリングや汚職といった違法行為に関与しているか否かを評価できるようになっているようです。

法定通貨に交換する「Exit-to-Fiat」オプションを利用するには、ウォレットのダッシュボードで対象となる仮想通貨と交換したい法定通貨を選択する必要があります。また、ユーザーは、電話番号や振込先の銀行、銀行口座、コンプライアンス目的で必要な請求先住所などの個人データを提供するよう求められます。

仮想通貨を巡るプライバシーや匿名性の問題は、マネーロンダリグといった違法行為とそれを取り締まり政府の規制と常に隣り合わせの問題となってきました。

今回、個人情報となるKYCの実施が行われない法定通貨への交換手段では、利用方法を見ていくと、電話番号の紐付けはもちろん、銀行口座の登録が必要となっており、KYCはないものの、顧客管理や法令遵守の点をクリアする仕組みが取られていることがわかります。

まとめ

MEW(MyEtherWallet)がKYC(顧客確認)を必要とせずに、仮想通貨から法定通貨へと換金できるようになることが公表されました。どのような利用方法ができるのかについて見てきました。

対象となる仮想通貨はビットコインとイーサリアムの二種類で、ユーロもしくはスイスフランに換金が可能で、換金の最大金額は5,000スイスフラン(約55万円)となっています

KYCは要求されないものの、ユーザーは、電話番号や振込先の銀行、銀行口座、コンプライアンス目的で必要な請求先住所などの個人データを提供するよう求められます。これらによって顧客管理や法令遵守の点をクリアする仕組みが取られていることがわかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*