仮想通貨取引をする際に知っておきたいウォレットの種類と管理方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨の取引を行うには、取引するための取引所やウォレットを開設することが必要になります。

仮想通貨のウォレットとはどのようなものなのか、安全に仮想通貨を使用するのにはどうしたらいいのか、ウォレットについて解説していきます。

仮想通貨の取引に必要なものとは

ビットコインなどの仮想通貨の取引を行なうためには、「売りたい人」と「買いたい人」をスムーズに仲介する運営会社である仮想通貨取引所を通して仮想通貨を売買する必要があります。

また、仮想通貨取引所の開設とともに仮想通貨を保管するための財布であるウォレットも必要になってきます。ウォレットにビットコインなどの仮想通貨を保管するには、取引所からビットコイン等の通貨を自身のウォレットに送付します。取引所に仮想通貨を入れているのは、取引所のウォレットに預けていることと同様です。

それでは、取引所に仮想通貨を預けておけばよいのでは・・・と、思うかもしれませんが、仮想通貨の取引所については多くの仮想通貨が保管されているため、取引所自体がハッカーに狙われる可能性もあります。コインチェックをはじめ大手の取引所でも、仮想通貨が流出する事件が相次いでいます。それらから守るためにも、仮想通貨を自分のウォレットに移すことが大切です。

ウォレットは仮想通貨の保管場所

仮想通貨を入手したら保管場所として必要になるのが、ウォレット(wallet)です。

仮想通貨の保管場所として、ウォレットは自分のパソコンやスマホ、インターネット上など、オフラインでもオンラインでも自由自在に作ることが出来ます。

ウォレットには、いくつかの種類がありますが、大きく分けると次の3種です。

・デスクトップウォレット
・ウェブウォレット
・ハードウェアウォレット

ほかにも、ホットウォレット(オンラインのウォレット)、コールドウォレット(オフラインのウォレット)という言い方をすることもあります。それぞれの注意点や特徴他、順に見ていきましょう。

デスクトップウォレット

自分のデスクトップ(パソコン)にインストールして使用するウォレットです。

最近ではデスクトップ(パソコン)上のものの他に、モバイルウォレットというものも登場してきて、アイフォンなどの端末で使えます。

デスクトップウォレットの特徴

オンラインでもオフラインでも使用できます。オンラインで管理するので、ハッキングにあう可能性もあるようですが、通常のパスワード管理以外に「2段階認証設定」や「秘密のパスワードの設定」等のセキュリティ対策を万全にしておくことで安全性を高めることも可能です。

デスクトップウォレットのメリット

・オフラインで管理すればセキュリティに優れている。
・自分でバックアップやセキュリティなどの設定ができる。

デスクトップウォレットのデメリット

・ダウンロードに時間がかかる。
・ソフトをインストールしたPCでしか使えない。
・PCが壊れると永遠にそのビットコインを使えない可能性もある。

オンラインウォレット(ウェブウォレット)

日本語対応しているため、日本人ユーザーも多く利用しており、BTC・ETH・BCHのウォレットとして利用する人が多いようです。

オンラインウォレット(ウェブウォレット)の特徴

オンラインウォレットは、ホットウォレットとも呼ばれています。これらは、取引所ではなく、単なるウォレット機能をもつもので、ユーザーは自分の所有する仮想通貨を安全に保管することができます。

また、ウォレットのバックアップ等は、Blockchainのサーバーでおこなわれますが、ウォレットの鍵はユーザーが自分で管理することになります。

オンラインウォレット(ウェブウォレット)のメリット

・口座開設・設定が簡単。
・取引所が併設されている場合は、同じサービス内でコインの売買が可能。
・パソコンやデバイスが壊れても仮想通貨に影響がない。
・ログインすれば様々なデバイスで利用ができる。

オンラインウォレット(ウェブウォレット)
のデメリット

・取引所が潰れたら保有していた仮想通貨がなくなる可能性がある
・インターネットがないとウォレットを確認できない
・ハッキングにあうリスクがある
・一時的にサイトに接続できなくなることもある(サイトに依存)

ハードウェアウォレット

「紙」や、「専用端末」など形あるものにビットコインを保管するウォレットです。コールドウォレットに属します。

ビットコインの支払いなどで使用するウォレットとして、オンラインウォレットは便利でが、取引をしばらくしない大きな金額や投資用のものは、「ハードウェアウォレット」が主流となっています。

ハードウェアウォレットの特徴

ハードウォレットは、仮想通貨を保管するにあたってはセキュリティで一番強固だと言われています。
ペーパーウォレットであれば、秘密鍵が盗まれにくいことが強みですし、USBタイプのものであれば、PCから外せばネットがつながっていないため、ハッカーが手を出せなくなります。
 
仮想通貨の使い方によって、違った保管をすることによって安全性を高めるようにしている人もいます。例えば、普段はあまり使わない高額の資産は、ペーパーウォレットで管理し、よく売買する額はオンラインウォレットで管理するなどです。

ハードウェアウォレットのメリット

・取引所が潰れても影響を受けない。
・セキュリティが強固である。
・通常の財布や紙幣のように保管できる。

ハードウェアウォレットのデメリット

・火災や盗難での紛失する可能性がある。
・印刷したりする時間や手間がかかる。
・残高確認が面倒。
・紙上のウォレットは、一度ビットコインを引き出すともう使えなくなる。

送金するときにはウォレットから行なう

取引所からどこかに送金する際は、ウォレットを通して送金するのがおすすめです。取引所から取引所、または取引所からICOに入金した場合、入金されていなかったというトラブルが発生したとき、自分が送ったという証明が困難となる時があるからです。

取引所から送っても、ほとんどの場合は、トランザクションIDと送金アドレスで証明ができますが、取引所では自分固有の「プライベートキー」を教えてくれません。送金を完全に証明するためには、トランザクションIDと送金アドレス、プライベートキーが必要です。

取引所から送金した場合、プライベートキーの証明ができないので、本当にあなたが送っているのか?という証明ができなくなるのです。大きな金額を送金する場合は、一度自分の管理下にあるウォレットに送ってから、目的の場所に送金することをお勧めします。

ウォレットを使うときの注意ポイント

ウォレットを使うときの注意ポイントは、以下の点があります。
・フィッシング詐欺(取引所などとよく似たダミーサイトを作り情報を盗む)
・ウィルス感染
・ウォレットの信頼性(取引所が管理すべきこと)

詳しく見ていきましょう。

フィッシング詐欺

詐欺の形式として一般的になっているのがフィッシングです。本来のサイトを精巧なコピーに置き換え、巧妙な手口で現金を奪います。そのようなフィッシングサイトにデータを入力してしまうと、自分のアカウント情報が盗まれてしまいます。

詐欺師が使うフィッシングサイトは、一見すると正しいドメイン名のように見えますが、巧妙に1つの類似した文字が代わっていることがあります。例えば【1】の場合は【i】に、【n】の場合は【h】などに変えられています。

そのようなフィッシングサイトへ飛ぶのを避けるためにできる対策として、正しいリンクをブックマークに登録することができます。そして、ブックマークからサイトにアクセスするのが無難です。

サービス元と思われたところからきたと勘違いさせるようなメールなどに入っているリンクなどからも、フィッシングサイトへ飛ぶことがあります。送られてきたメール自体が本当にサービス提供者からのものかどうかを確認するとともに、メール中のリンクにも注意しましょう。

また、パソコン自体にウィルス感染させて、パソコン内のパスワードを盗もうとすることもあります。ウィルスで多いのは、トロイの木馬(ウィルス)をパソコンに感染させて、パソコン内のすべてのパスワードを盗もうとする詐欺は一般的です。

ウィルスからパソコンを守るためには、次のようなことを意識しておきましょう。

・不明な送信者からのメールのリンクをクリックしない。
・不審なサイトからファイルをダウンロードしない。
・アンチウィルスソフトウェアを使用する。
・すべてのバックアップを作成しておく。
・パソコンを安全な場所に置いておく。

ウォレット(仮想通貨取引所)の信頼性

ウォレットのある仮想通貨取引所の信頼性にも注意することも大切です。信頼できる仮想通貨取引所かどうかを見分けるポイントとしては、二段階認証設定を設けているか、サポートデスクはきちんとあるか、連絡は取れる状態にあるかといった点です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*